代表挨拶

代表挨拶

初めまして、私Business Contest KING 2017 代表に就任いたしました、慶應義塾大学2年の佐藤誠勝と申します。

私たちの団体は、1996年に創立され、日本で初めてビジネスコンテストを開催した団体でございます。
多くの企業、社会人の方々、学生の皆様に支えられ、これまで計21回のビジネスコンテストを開催してきました。
近年様々な企業や団体が多種多様な形態のビジネスコンテストを開催しておりますが、私たちの団体は、全国から選ばれた100名の学生を東京に集め、初対面チーム制で7泊8日宿泊型のビジネスコンテストを開催しております。

Business Contest KING 2017 コンセプト

私たちはコンテストを開催するにあたって毎年異なるコンセプトを掲げております。このコンセプトとは、私たちのビジネスコンテストに参加するであろう学生の皆さんが参加する前と参加した後でどう変わって、どうなって欲しいのかという私たちの想いを表したものです。
今年のコンセプトは「熱狂的な体験を通じ、社会を牽引する人材の輩出」です。
このコンセプトには今を生きる学生に日本の未来を牽引するビジネスリーダーになって欲しいという想いが込められています。

コンセプトに至った経緯

まず、コンセプトを考える上で、学生をどんな風潮が取り巻いているのか我々は考えました。我々の導き出した答えは「冷めている」ということです。もちろん、全力で志に基づいた行動をしている学生も一定数は確実にいます。ですが、多くの学生は「受動的」で「安定志向」に基づいた「堅実」な生活を夢見ています。こうした学生の中には「熱心に努力」をしている姿はかっこ悪く、「適度に手を抜きながらうまく生き抜く」姿こそがかっこいいという風潮さえあります。
この学生の間に蔓延する風潮の原因は、学校教育において与えられるキャリアプランが、現実と乖離しているということだと考えられます。早すぎる社会の変化に対し、変わらない仕組みが将来を見えなくさせ、溢れる情報が混迷を深めさせています。かつては人生には目指すべきモデルがありましたが、今は何をやったら合格なのか分からない中で、自分の生き方を自分で決断しなければならないのです。このような現状において、多くの学生が「安定志向」で「堅実」な生活を無意識に求めるのは自然です。そのような不安定で混沌とした社会において、「報われるとは限らない努力を熱心に続ける」ことが歓迎されないのは致し方ありません。

未来の社会

我々、Business Contest KING 2017 が考える未来の社会は、意欲と能力ある人が担い手となって引っ張る社会です。意欲と能力ある人は、社会の様々な場所でコアとなって周囲に熱狂を生み、自ら行動するとともに周囲を牽引するのです。その場所は、大学であり、大企業であり、中小企業であり、個人であり、地域社会であり、官公庁であるかもしれません。しかし、多くの学生が「受動的」で「堅実」で「安定志向」に基づき「努力を否定する」風潮の中にいる現在では、意欲と能力を兼ね備えて周囲を牽引する人材の輩出は困難です。

Business Contest KING 2017 は、7 泊 8 日の合宿型ビジネスコンテストを通じて一つのビジネスプランのことのみを考え、完成に猛進する熱狂的な 192時間の体験を提供します。意欲と能力を兼ね備え、周囲を牽引できるポテンシャルを持つ学生はたくさんいます。ポテンシャルを持つ学生に対し、全国の同じような境遇にある仲間と苦楽を共にする体験を提供することでこの状況を打破できると考えております。「能動的」に「挑戦」する姿勢を持ちながら共通の目的に向かって苦楽をともにして人目を気にせずに「努力する」体験を提供するのです。Business Contest KING 2017 が提供する体験は、「受動的」で「安定志向」に基づいた「努力を否定する」風潮の元でポテンシャルを燻らせる学生を変える力を秘めていると考えています。そして、我々の活動が明日の豊かな社会の一助となることを確信しています。

過去のコンセプトはこのホームページの沿革をご覧ください。

Business Contest KING 2017は8月27日(日)〜9月3日(日)に、東京都渋谷区の国立オリンピック記念青少年総合センターにて行われます。
多くのご応募お待ちしております。

PAGE TOP