Amateur Business Contest(ABC)開催決定!

 こんにちは!

大学生の皆さまはオンライン授業には慣れてきましたか?ずっと家にいるだけで刺激が足りない、ビジネスプランを考えるのって楽しそう!就活が不安…。そのような方たちに朗報です!私たち、Business Contest KING実行委員会は7月4-5日にビジコンを開催します。今回のビジコンは毎年夏に開催している本コンテストの前段階のようなものです。そのため、ビジコンなんて参加したことがないという方、大歓迎です!もちろん、参加経験がある方も募集しております!4月から新メンバーも迎え、パワーアップしたKINGが挑戦するあなたをサポートします!

A.B.C.への参加申し込みはこちら

具体的に何をするの?

2日間、チームでビジネスプランを考えていただきます!途中、コンサルティングタイムもあり、コンサルタントの方からフィードバックもいただけます。今回は新型コロナウイルスの影響もありオンラインでの実施となりますが、その分全国から参加していただくことが可能です。ビジネスプラン考案だけでなく、第一線で活躍されている社会人の方との交流会も設けております。チームはこちらで決めさせていただくので、ひとりでもお気軽にご参加ください!チームには1人必ず、チームファシリテーターとしてKINGスタッフがつきますので、ビジネスコンテスト参加初心者の方もしっかりサポートさせていただきます。気になるケーステーマについては後ほど発表いたします。参加費は1人1,000円で優勝チームには1人10,000円を贈呈します(なんと、参加費の10倍!)また、後日事前説明会の動画をHPに載せるのでそちらもぜひチェックしてみてください!

なお、オンラインでのコンテストのため、事前に交流会を行います。7月1日を予定しておりますが、急な変更もございますのでその場合は、当HPまたは、KINGの公式twitterでご連絡いたします。

A.B.C.への参加申し込みはこちら

概要

日付:7/4-7/5 事前交流会:7/1(予定)
場所:オンラインにて開催(zoomを使用予定です)
対象:ビジネスコンテスト参加未経験の方!(経験ありの方も参加可能です)
募集人数:80名(先着順、全日程来れる方に限ります)
参加費:1,000円(Peatixにて振込)
賞金:1人10,000円
服装:指定なし
主催:Business Contest KING 実行委員会

日程

<審査員紹介>

・金山裕樹氏
appleとgoogle、両者のベストアプリを受賞した唯一のファッションアプリ「IQON」(アイコン)を運営するVASILYを創業後、2017年10月に「ZOZOTOWN」 を運営するZOZO(旧スタートトゥデイ)に売却。
売却後は同グループの技術開発を担うZOZOテクノロジーズ(旧スタートトゥデイテクノロジーズ)のイノベーション担当代表取締役として、ZOZO研究所の発足などR&Dと新規事業の創造を行なっている。
著書に「いちばんやさしいグロースハックの教本」があります。

・石川聡彦氏
小学生時代に歌舞伎子役として6年間活動後、引退。東京大学に進学し、工学部在学中の2014年に株式会社アイデミーを創業し代表取締役社長に就任。同学部卒業後、同大学院に進学するも会社経営に集中するため中退。2017年にAIプログラミング学習サービス「Aidemy」の提供を開始し、2年間でユーザー数5万人を突破するなど、日本最大級の先端技術のラーニングサービスを展開する。さらに、法人向けAIシステムの内製支援クラウドソリューション「Aidemy Business」を開発・運営している。
著書に『人工知能プログラミングのための数学がわかる本』(KADOKAWA社/2018年)などがあり、Amazonの「人工知能」分野で週間ベストセラー1位を獲得した。早稲田大学リーディング理工学博士プログラムでは、AIプログラミング実践授業の講師も担当。「Forbes 30 UNDER 30 JAPAN 2019」選出。

・南野充則氏
東京大学工学部卒。大学在学中にヘルスケアスタートアップ、株式会社MEDICA及びCDSystem株式会社を創業。東京大学在籍中に北京大学で開催されたスマートグリッド分野における国際学会で世界一の座を争い「BEST STUDENT AWARD」を受賞する。2014年にFiNC(現:FiNC Technologies)の創業メンバー(CTO最高技術責任者)として参画。2016年8月、国内初となるウェルネス・ヘルスケア領域に特化した人工知能研究所「FiNC Wellness AI Lab」を設立し、2017年ディープラーニングを中心とする技術による日本の産業競争力の向上を目指す団体、「日本ディープラーニング協会」最年少理事に就任。
2019年6月に書籍「未来IT図解 これからのディープラーニングビジネス」を出版するなど、ヘルスケア×テクノロジー分野において活躍。2019年12月にFiNC Technologies 代表取締役CEOに就任。

・櫟木明氏
大学卒業後、大手銀行に入社。支店での営業業務、本部ではデリバティブのディーリング業務を担当。銀行退職後にMBA(慶應義塾大学大学院)を取得。その後、複数の上場企業において経営企画、経営戦略立案実行、M&A戦略立案実行、財務戦略立案実行および事業リストラクチャリング、産学連携投資ファンドで投資管理業務および投資先へのダイブインでの経営支援、複数のベンチャー企業において取締役として、経営戦略の立案・実行、事業計画の立案、資金調達、人事制度構築、人材採用戦略立案・実行、上場準備に従事。また経営者として会社の倒産という事態にも接し、倒産後の処理も経験。関与した事業分野は、製造業、インターネットサービス、ソフトウェア開発、エンターテイメント、流通、教育、金融、不動産、人材、コンサルティングなど多岐に亘る。更に地域貢献活動にも積極的に参加しており、世田谷区立瀬田小学校PTA会長、世田谷区立小学校PTA連合協議会常任理事を歴任。近隣地域の小学生を指導する瀬田サッカークラブの副代表も務める。2016年10月よりグロービス経営大学院においてベンチャーマネジメント担当講師として活動中。複数のベンチャー企業のエンジェル投資家、経営者の相談相手としても活動中。2019年12月、NewsPicksにおいてプロピッカーに就任。

・金田喜人氏
問道Mon-Douプロジェクト代表
ビジネスコンテストKING初代実行委員長
株式会社ファクトリアル代表取締役社長
1996年日本ではじめての学生による学生のためのビジネスコンテストKINGを主催。 2000年東京大学在学中に東証一部上場のIT企業のグループ会社として株式会社ファクトリアルを設立し社長に就任、その後MBOしてプライベート化。現在は、スタートアップ企業への経営・事業開発支援や投資活動をしながら、個人の内省のためのソリューションを開発するMon-Douプロジェクトを手掛けている。

最近の記事

PAGE TOP