ブログ

【KINGの軌跡】KINGを選ぶ理由-2015年2016年参加者 森本亮平‐

header-morimoto

この度お話を伺ったのは、2015年、2016年と、2年連続で大阪からKINGのコンテストに参加していただいた森本さん。社会人になった今振り返るKINGでの経験をお話しいただきました。

KINGで得た刺激、経験で社会人になった際に役立ったこととは?

 

【社会人一年目の現在】

-それでは、宜しくお願いします。
宜しくお願いします。

-東京には、ベンチャーから大企業まで様々な企業がありますよね。その中で株式会社アイスタイルを選んだ理由は何でしたか?

ビジネスコンテストに出場していく中で、様々なプランニングをしてきました。その経験を通して、マーケティングを自分で作っていきたいという思いが強くありました。株式会社アイルスタイルはマーケットデザインカンパニーであり、「自分たちで市場を創造していこう」という社風にワクワクしました。
また、現在はCtoBtoB、つまり口コミをカスタマーから集めクライアントに情報提供するという形態の中で働くことで、今までビジコンで制作したアイデアが生かせるのではないかと思いました。マーケターとして市場を見たときに、女性のマーケティング市場、例えば化粧品市場などが面白いな、と思ったのも理由です。

-なるほど。KINGの経験が今の職業につながっているのですね。株式会社アイスタイルとの出会いは、どのようなものでしたか?

オファーボックスという就活媒体でオファーをいただきました。やはり、ビジネスコンテストに参加する姿勢に注目されました。「キラキラしたキャリアをつくりたくてビジネスコンテストに参加したのではなく、何か目的があり、何か成し遂げたい未来があるからビジコンに参加していたんだな」という姿勢が自分のオファーボックス上のシートから感じ取れた様です。

-現在、株式会社アイスタイルの中ではどのような仕事をされていますか?

まだ研修中で、本配属にはなっていないのですが、色々な企画を色々な部署でしています。企画の場面ではビジコンで行ったことがとても生きてると思います。またチームワークをとるのは大変ですが、七泊八日の苦痛に比べたら全然楽なのかなと思います。

 

【KINGでの経験】

-大阪から東京のビジネスコンテストに出場したきっかけは何ですか?

もともと、大阪のビジネスコンテストに何度か出場していました。そこで結果を残していくうちに、今度は全国を舞台に戦ってみたいと思うようになりました。東京のビジネスコンテストは、KINGの他に3つの候補がありました。その中でも、KINGのビジネスコンテストは合宿型で長期間なので過酷そうに見え、今挑戦しなければ後悔すると感じました。絶対に厳しい環境であると思ったからこそ、東京まで行って七泊八日のコンテストに出場しようかなという気持ちになりました。

-過酷であると思ったからこそ、挑戦しようと思われたのですね。KINGに参加したことによって、今も生かされているのはどのような面ですか?

KINGに参加して、三つのことを得ました。
一つ目は、頑張っている同世代の方々とのコミュニティです。社会人になったら、周りを俯瞰的に見えなくなり、目の前のことに没頭しがちになります。しかし、KINGで常に自分の視点を広くもち、モチベーションを高く保てている要因だと思います。

二つ目は、企画したり何かを考えるのがすごく楽しく感じていることです。もちろん、KINGでも、つくっている期間はしんどかったです。しかし、最終発表のプレゼンの時の達成感とか、みんなで慰労会などを経験したおかげで、企画の先の楽しさが見えるようになりました。現在の企画の仕事も辛いことは多いですが、企画の先にある人助けや社会貢献にやりがいが見いだしながらそれに向かって仕事ができるのはKINGに参加したおかげだと思っています。

三つ目は、マーケティングに対する基礎知識を使う場です。フレームワークは大学で学べますが、それを実装する経験はなかなか学生に与えられません。七泊八日でそのマーケティング知識を本気で使う経験が、KINGで得られました。知識をすでにKNGで実装しているからこそ、社会人経験が浅くても、企画を任されたときは、取り組むことができるのだと思います。

-なるほど。学生の普段の生活では手に入れられない貴重な三つですよね。

-参加期間中、一番苦労したことは何ですか?

やはりコミュニケーションですよね。人間関係というか。育ってきたバックグラウンドも年代も違う学生が初対面で突然プランを作ってくださいって言われますから。
目標地点は皆同じところを見ているはずなのに、意見がすりあわないというのはすごくしんどかった。だけど、そういうのは社会に必ずある、逃げて通れない部分なので、KINGで鍛えられてよかったかなと思います。

-1度目のコンテスト、KING2015参加後に、何か変わったことはありましたか?

一年間プレゼンを徹底的に磨き上げるきっかけを、2015年のビジネスコンテストでもらいました。実は、2015年のビジネスコンテストの時に、みんなで作り上げた大切なプレゼンがあったのですが、自分がプレゼンした時に時間超過してしまいました。徹夜して原稿を書いたのに、減点になってしまったことが、すごくトラウマになってしまいました。しかし、来年出場するときは、絶対にプレゼンを最高にしてやる!と思いました。それから、色々な場面でプレゼンするようになって、プレゼンの仕方・制作スライドも勉強し、できるだけ場数を踏むようにしました。一年後には、投資家の方から 「プレゼンに関しては半プロだね」と、言われるまで進歩しました。それは、自分の中で成長したと思うことです。

―森本さんはその後2016年にもご参加いただいていますが、もう一度KINGに参加しようと思われた理由はありますか?

2015年に参加するまでは、自分は大阪の大学で大学内にずっと閉じこもっていましたが、KINGに出場することで、自分と同じようなモチベーションを持ち頑張っている人たちと、寝るのも忘れて語り合える仲間になれました。そこで、2年目ももう一度同じ刺激をもらいたい、自分の向上心のスイッチを入れたいと思いました。

少し話は逸れますが、サマーインターンとビジネスコンテストの違いはどんなところでしたか?比較して、ビジネスコンテストの特徴とはどういう所ですか?

インターンはどちらかというと、取捨選択をしている感じですね。実際に行ってみて、この企業は良いなと思うのか、ここは違うなと思うのか。そういう判断材料要素が多くあると思います。
しかし、KINGのビジネスコンテストでは、集まる参加者100人と運営スタッフがそれぞれ様々な価値観や夢をもっています。例えば、起業家を目指している人もいれば、経済産業省に入りたい人、ベンチャー企業で活躍したい人にも会いました。そんな同世代の方々と話す機会を得られたことにより、自分の視野が大きく広がったと思います。「そんな価値観もあるんだ」、「ここまで頑張っている学生がいるんだ」という発見がありますよね。

なぜそのような学生に出会えるかを振り返ってみると、KINGに参加してくる学生には主体性・行動力があるんですよね。インターンシップは就職に直結しているからこそ、とりあえず参加してみるという雰囲気があるから、あまり志の高くない学生も多い。その一方で、時間とお金をかけてわざわざビジネスコンテストに参加しようとしてくる学生はある程度ふるいにかけられています。彼らのような面白い学生と本気でぶつかり合うことができたことは、自分の財産と思っています。

学生が企業の思惑から独立して純粋にビジネスの楽しさを感じられること、参加者が自分で自分の納得するものを製作しなければいけないのも、ビジネスコンテストの良いところだと思います。自分は2015年に 3年生だったため、KINGの直後に企業のサマーインターンシップに参加しましたが、それと比べても、夏にKINGで得られたことは多かったなと思います。

 

【今後の展望】

-これからの森本さんのキャリアビジョンをうかがってもよろしいですか?

2年後にMBAという大学の博士号をとりたいと思っています。目標を達成出来たら、日中友好親善大使や日韓友好大使を経験しているので、グローバルに人を繋ぐ架け橋になれるビジネスを作れる人材になりたいと思っています。そして、最終的には鳥取市の市長になるという夢があります。その夢を目指して、動いていきたいと思っています。

―今年のコンテスト、Business Contest KING2017への参加を迷っている人、または既に参加しようと思っている方へ、メッセージをお願いします!

まだビジネスコンテストを経験していない人は、「自分の力で通用するのだろうか」、「足手纏いにならないだろうか」など考えてしまって、怖いと思います。しかし、私が大学時代で経験した一番の青春は、KINGのビジネスコンテストの1週間でした。大学でなかなか本気になる瞬間は無かったですが、KINGのビジネスコンテストではすぐに本気になれました。だからこそ、チームの人とも素晴らしい友好関係を築くことができました。彼らとは二年越しの今でも交流があります。コンテストでの出会いも経験も、人生を変えるターニングポイントになると思うので、ぜひ参加してみてください!
参加予定の人には、KINGに参加しようと決めた様々な動機があると思います。KINGのコンテストにはあなたが思う以上のインプットが得られると思うので、その目標に突き進み、達成できるよう頑張ってください。

-ありがとうございました。

original_morimoto

学生時代に、挑戦をしたからこそ、現在輝いていらっしゃる森本さん。二年連続でKINGに参加されたことが、人生のターニングポイントだった様に見えました。森本さんが経験された様に、新しい仲間とこの夏成長しませんか?

関連記事

  1. header-aso 【KINGの軌跡】KINGでの失敗を糧に-2012年参加者 麻生…
  2. header-kondo 【KINGの軌跡】考え続け、成長へ -2007年参加者 近藤圭佑…
  3. header-ishikawa 【KINGの軌跡】逆境の中で -KING2013代表 石川聡彦…
  4. header-mori 【KINGの軌跡】人と人を繋いで -KING2016代表 森 …
PAGE TOP